まこと屋日記

崎津の名店「海月」へ行ってきた!

天草いいね!

2019.10.04

みなさん!

元気ですか!!

今日も天草は空と海が綺麗です!

 

今日から始まる、まこと屋が天草の

「いい店」「いい場所」「いい人」を紹介する!

 

「天草いいね!」

 

紹介するのは、

まことやの広報担当ノダです!

 

よろしくお願いします!

 

 

 

 

 

 

さて!今回訪れたのは??

 

まこと屋のある本渡から車で約50分。

崎津(さきつ)に来ました!

 

この日はあいにくの雨!

というより台風が来てましたが

 

まこと屋店主の誠ニさんの

 

「大丈夫だよー!行こう!行こう!」

 

の一言に背中を押され車を走らせました!

 

 

 

「陽くん!(僕のことです)ここの杉ようかんめっちゃ美味しいけん子どもたちにお土産!」

 

といって杉ようかんを買ってくれました。

おそらく誠ニさんの8割はバファリンで出来てると僕は思います。

 

 

 

 

崎津は、小さな町ではありますが、情緒豊かでとても雰囲気のある町並みです。

観光客でごったがえしてない観光地って尊いって思うのは僕だけでしょうか?

 

 

 

 

崎津教会が世界遺産になったことで一躍有名になりましたね!(台風の影響でラスボスの城みたいになってすみません。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

崎津の名寿司屋さん「海月」

 

「陽くん!こっちだよ!」

 

誠ニさんに誘われ細い路地道から入っていくと

 

 

 

 

雑貨屋さん!?と見間違うようなおしゃれなお店が!

 

 

 

 

そう!ここが崎津にある寿司の名店

「海月(くらげ)」さんです。

 

 

 

 

 

お店に入ると、木のぬくもりを感じる小学校をモチーフにした内装が映えていました。

 

 

 

細かい部分のレイアウトや小物もイケてるな〜

回らない寿司屋さん独特の緊張感が和らいでとても好きな雰囲気でした。

 

 

 

有名人もたくさん訪れているようで、

やばいよやばいよ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さっそく。体験する未知の味覚。

 

メニューを眺める野田。

(くっ特上、、、僕のランチ10回分じゃないか)

 

「せっかくだから【特上】頼もうか!」

 

誠ニさんの10割はバファリンで出来ていると思います。

 

 

 

 

そして置かれる、お茶、皿、箸。

 

なんか試合の前みたいな緊張感が勝手に漂います。

 

 

 

「お寿司が来るまで、お通しをどうぞ」

 

一品目は「お通し」

 

蓮根、小魚、胡麻、ワカメ達が仲良く手をつなぎ合い、

甘い関係を保ったまま胃袋へ運ばれていった。

これは間違いなく、、、、うまい、、、、、。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

極上寿司10本勝負!

 

 

一貫目 あおりいか

 

「塩で味をつけてますのでそのままどうぞ」

 

一貫目が置かれた瞬間、僕の口内でゴングが鳴った。

そうこれは寿司との真剣勝負!

 

あおりいかを口に入れる寸前に感じる

ゆずの香り。

 

あれ、めっちゃ美人な人とすれ違ったときみたいな感じ。

そして口にいれると厚めのイカが絶妙な塩加減でイカ史上最高のパフォーマンスを発揮した。

 

 

 

ニ貫目 タイ

みてください。この美しいタイ。

絶対美人。他のタイ達が羨望の眼差しで見てるに違いない。

 

そして、僕はまたこのタイにあいたいって思ってる。

それくらい美味しくて忘れられない味タイ。

 

 

 

 

三貫目 ハガツオ

ハガツオって初めて聞いた魚だったんで、帰ってから調べたら

カツオじゃなくてサバなんですね!

いやはや。

 

俺が知ってるカツオより美味しかったぜ中島〜!

きっとサザエさんもびっくりの味。

 

 

 

 

四貫目 シマアジ

アジっていうとスーパーで売られてる安くて美味しい魚!ってイメージありますが。

 

この「シマアジ」は幻と言われるほど希少かつ美味しい魚。

 

口に入れた瞬間

「オイラがなぜアジって呼ばれてるか知ってる?」

って聞こえたわ。

 

そして、舌に触った瞬間わかったわ〜

あんたがアジだわ〜って。

 

 

 

 

5貫目 ブリトロのはらみ

もう、名前からして美味い。

食った以後の人生「ぶりとろ」って言われただけでヨダレでる人生になるって。

 

口の中でとろける脂身とブリの濃厚な旨味。

それは寿司界のヘビー級チャンピオン。

 

 

 

 

6貫目 ワタリガニ

ちょこんと現れたワタリガニ。

 

油断したわ、これ

味覚の超小型爆弾。

 

口の中で未知の味を爆発させる軽量級チャンピオン。

カニと味噌のコンビネーションは凶悪な攻撃力をもって貴方の美味しいものランキングを更新していくだろう。

 

 

 

 

7貫目 生サバ

生サバ。表面をかる〜く炙ったやつ。

 

かる〜く炙るとこんなにも旨くなるのかい?

なら俺も炙ってほしい。

 

それくらいに旨味がインフレーション。

サバのすっきりとした味に炙りのアシストがいい仕事してるわ〜

 

 

 

 

 

8貫目 赤ウニ

因縁のウニ。

 

なぜなら、僕はにっくき病に侵されている

「痛風」

 

ウニは痛風の敵であるプリン体の塊。

しかし!しかしだよ!

 

このウニを見て、抗えるヒューマンは存在しない!

こぼれ落ちんばかりのウニが

「ねぇ、はやく食べなよ。」

って手招きしてるよね!

 

痛風の痛みすらも忘れる深淵の味覚。

それが天草の赤ウニである。

 

 

 

 

 

9貫目 アナゴ

「ふぅうううぐたくぅーーーーん」

って聞こえてきそうなアナゴ。

 

アナゴさんの唇みたいなアナゴ。

 

寿司の締めにはあっさりとしたアナゴが似合うってこの日知った。

他の寿司と比べて控え目なその姿は飾らない美味さでした。

 

 

 

 

 

10貫目 カステラ

衝撃の10貫目。

 

一瞬、大将が間違えて自分のおやつをだしたのか?と思うほどの衝撃。

ビジュアルは一瞬おしり探偵。

中の酢飯がチラ見している。

 

しかし、食えば納得。

そう、お寿司の「たまご」なのだ。

 

カステラとだし巻き卵の味はミックスされ

酢飯との相性はいわずもがな。

 

最後のお口直しまで驚きと斬新さを忘れない海月さんに胃袋も胸もいっぱいになりました。

ごちそうさまでございます。

 

 

 

 

 

 

 

これからも、天草の「いいね!」をご紹介。

 

このような形で、これから天草の等身大の「いいね!」を紹介していきたいと思います!

お楽しみに!(^^)

 

 

 

 

 

【今回紹介したお店はこちら!】

 

海月(くらげ)
電話番号:0969-79-0051
住所:熊本県天草市河浦町﨑津457
営業時間:【ランチ】12:00~14:00
【ディナー】要予約 お時間はご予約の際にお尋ねください。
定休日:不定休
アクセス:バス「教会入口」バス停から徒歩1分﨑津教会そば
駐車場:有(﨑津漁協きんつ市場周辺の観光駐車場をご利用ください。)

記事一覧へ